ベトナム人との付き合い方の前提|ベトナム人と日本人の国民性の違いとは?

ベトナム人…むしろ外国人との付き合い方の前提

近年、日本でもベトナム人の姿を見かけることが多くなったと聞きます。

ベトナム転勤や事業立ち上げはもちろん、日本側職場へのベトナム人の受け入れ、ベトナム人が同僚になった、近所にベトナム人が移り住んできた…など。ベトナム人とのつきあいに不安をかかえ、より理解を深めたいと考えている人が、このページに目を通していることと思います。

私はベトナムに住み、ベトナム人の妻と暮らし、ベトナム人と働いています。

ベトナム人と結婚しての国際結婚の心構え(夫視点) ベトナムのことをWeb 検索していたり、ベトナム人との既婚者の話を聞くと、ベトナム人女性...
妻と結婚する前から、強く意識していたことがあります。 できる限り、何かを感じたら、不満でも愚痴でも、本音をいうこと。 そしてその理由...

ベトナム人と一緒に暮らす、ベトナム人と共に働く。
それもゼロからのスタートでした。

プライベートと仕事、それぞれスタンスは異なるものの、いずれにせよ、表面だけの理解では、お互いストレスがたまるだけ。

私はベトナム人を理解し真の国際交流を果たそうという高尚な使命感があるわけではありません。
結婚生活のため、また、職場での円滑なコトロールのために、相互理解の必要に迫られたのです。

だからこそ、実感とともに強気で言えます。

ベトナム人について、全体としての「傾向」はたしかにあるだろう。
しかし、全体の傾向と個人ひとりひとりとでは、まったくもって別物であると。

私がベトナムに来た当時、ベトナムに数年来住んでいる「先輩」の話を何人も聞きました。

当時は私自身がわからないことだらけだったので、当人たちに深い意図がなかったでしょうが、翻弄されました。

  • 拡大解釈
  • わかって当然は当然ではない
  • 伝聞のコピー

間違えないでほしいのは、参考意見を述べるのも、参考意見を聞くことそのものは、まったく否定しません。

私も、参考意見を求められたら自分の意見は述べます。

ただし、あくまで「自分の意見」です。

きっと「先輩」たちもそのつもりだったのでしょうが、手探りだった自分には、うまく判別できませんでした。

拡大解釈を避けよう

日本人が日本人を「こういう人だよね」と評価する際、10人に話を聞いて、10人が100%合致することはありえないと思います。

同様に、一人二人の話を聞いて、または一人二人と接して、「ベトナム人はこうだ」とならないように気をつけなかえればなりません。

私自身、当初のコミュニケーション不足の時期は、「ベトナム人だから」なのかどうかで悩むことが多かったです。

わかって当然は当然ではない

ベトナムにいる日本人ですら、日系企業の日本人は「日本の企業なのだから」となりがちです。
まして、日本にいる日本人においてをや、です。

「郷に入れば郷に従え」
そのとおりだと思います。

日本人である私自身もベトナムに来て、最初に気にしたことの一つは「ベトナムの普通ってなんだろう」。挨拶しかり、食事マナーしかり。

しかし、例えば、隣に移り住んだベトナム人を「マナーが悪い」と決めつける前に、だれかが日本式のマナーを教えてあげたのか。

生活環境が違えば、「当たり前」が違います。

日本には、日本人自身でさえ、説明の難しいマナーがあります。
例えば、なぜ電車で電話をしてはいけないの?

日本に住むのだからわかっていて当たり前?

私自身、思い返すと、頭のどこかで、そういう考え方をしてしまっていた部分があるように思います。

しかし、一度自分が外国に住んでみると、今まで自分が出会ったことのある日本になじんでいる外国人達が、いかにすごいかがわかりました。

ネットやガイドブックに、ただしい生活習慣は書いていません。

私がネットやガイドブックで調べた「ベトナムのマナー」は、実際ベトナムに住んでみると、ウソだらけでした。

ベトナム人…むしろ外国人との付き合い方の前提 コミュニケーションマナー・ビジネスマナー ベトナム人の食文化 自分が...

会社設立当初、わからないことだらけだったので、ストレスだらけでした。
ベトナム人社員も、私が何を言いたいのかわからず、ストレスが多かったことでしょう。

「なぜこんなことをするのか?」
「なぜ理解してくれないのか?」

私は、相手の言動・行動にストレスを感じても「なぜそうしたのか」がわかれば、解消されることが多いです。

…ただ、そのコミュニケーションを取るきっかけが、一番難しいのだと思います。
日本に住むベトナム人のすべてが日本語ができるわけではない。

ここで伝えたいのは、「ベトナム人はマナーが悪い」と決めつける前に、「単純に日本のマナーを知らないだけかも」と考えてほしい、ということです。

だれかから聞いた話、本で読んだ話をコピーしているだけでは?

私自身、自分の浅い知識・経験を人から聞いた話で補って、話してしまうことはあります。

だれしも、そういうことはあると思います。

だからこそ、相手の話やWeb上の情報を見ていて「人から聞いた話をそのまま語っているだけだな」という場合には、それを感じ取ることができます。

最近は減ったかもしれませんが、以前多かったのが、

  • ベトナム人は目先のことしか考えない
  • 自分が楽しければそれでいいと思っている

またこれか!と。

ちなみに私も、「そういう傾向はあるかも」と思ってしまっていた時期はあります。

しかし…。

ベトナムで会社をつくり、ベトナム人と結婚し、ベトナム人についてだんだんわかってきました。
ベトナム人の多くが「長期的視野がない」とは感じない。

たとえば、なぜ「目先のことしか考えない」と思うのかの理由について、具体例をあげてもらうと、

「ベトナム人は目先のことしか考えないから、給与につられて転職する」

という回答が、思いの外多かったりします。

しかし、将来のことを考えると転職しないのでしょうか?
将来を考えるから転職するのではないでしょうか?

ほいほい転職する尻軽さを揶揄しているのだとしても、その揶揄が同意できるものかどうかはおいておいても、少なくとも、長期的視野とは関係ないのではないでしょうか。

私自身、管理職経験5年、経営経験5年ですので、これはよくわかります。
退職者が出ると悔し紛れにそういう考え方をしてしまうことがあるのです。
「ずっとこの会社に残っていたら、良い思いできたのにね」と。
「給料につられて転職するのは長期的視野がないからだ」というのは、その悔し紛れと同じ類の発想から来ているものと思われます。


他にもページがありますよ。