ベトナム語の入力にはUniKeyNT(Windows)

ベトナム語のキーボードによる入力支援ソフト

Windowsでのベトナム語の入力にはUniKeyNTを利用しましょう。

まずはUniKeyをダウンロード

下記ページに移動してください。

UnikeyNT Download page

  • なるべくバージョンの新しいものを選ぶ
  • InstallerではなくZipファイルを選ぶ
  • 自分のWindowsのBit数にあわせてダウンロードする

たとえば本原稿執筆時点で、見出し単位でいうと以下の3種類があります。

  • UniKey 4.2 RC4
  • UniKey 4.0 RC2
  • UniKey 3.63

上記の中では、UniKey 4.2 RC4が最新です。

  • UniKey 4.2 RC4, 32 bit, ZIP file: Build 140823 (197 KB). Supports 32-bit and 64-bit Windows 7, 8, 8.1
  • UniKey 4.2 RC4, 64 bit, ZIP file: Build 140823 (229 KB). Supports 64-bit Windows 7, 8, 8.1

32bitと64bitがあるので、ご利用のWindowsにあわせて選びます。

Bitの調べ方は、Windows 10の場合、Windowsキー+I => System => Aboutで開いたページの「System type」に表記されています。

もしくはGoogleで検索して調べてください。

Windows 10でも動きます。

3.63はinstallerです。Zipタイプは中に含まれているファイルをダブルクリックするだけで利用できるようになりますが、installerはインストールされます。

慣れるまではzipをおすすめします。というか私はinstallerを利用しています。

UniKeyNT.exeを実行する

Zipを展開し、UniKeyNT.exeをダブルクリックなどで実行します。

実行すると、最初に下のような画面が立ち上がります。

UniKeyNTの起動画面

Bảng mã: 特に理由がなければUnicodeを選択します。
Kiểu gõ: Telexをおすすめします。入力方式を選びます。日本語で言えば、ローマ字入力か、かな入力かを選ぶプルダウンです。
Phỉm chuyển: EnglishモードとTiếng Việtモードを切り替えるためのショートカットです。CTRL+SHIFTをおすすめしますが、お好みまたは問題があればALT+Zに変更。

そして、Đống をクリックし、WindowsのTaskbar上に

UniKeyNT Vietnamese mode

と出ていたらベトナム語を打てるようになります。

UniKeyNT English mode

と出ていたら、Ctrl+Shiftを押すか、クリックしてVietnameseモードに変更しましょう。

その他の細かいことはなれてから研究しましょう。

Telexについて

Telexはキーボードでベトナム語を打つための入力規則の一つです。

ベトナム語はâ、ơなどのアルファベットにない母音やma má mà mạ mã mảといった声調記号がありますね。

これらは通常のキーボードでは打てないわけです。

なので、既存の普及していてるキーボードで入力できるようにあみだされた方式の一つが、Telexです。

他に数字を組み合わせるVNIや、記号系を声調記号や母音記号にみたてるVIQRという入力方式も人気です。

Telexの利点

  • 指を動かす範囲が狭いので速いタイピングが可能

ことでしょうか。VNIやVIQRとの比較という意味では、リストにするほどはありませんでした。

ただし、英語を混在させたいとき、Telexは面倒です。

たとえば英語でcoolと打ちたいが、ooという連続はTelexではôに解釈されます。そのため、英語を混在させたければ、都度、Ctrl+Shiftで英語モードに切り替えるか、oを3回打つとôではなくooと認識されます。

Telexの入力方法

アルファベットにない文字
文字 入力方法
â aa
ă aw
ê ee
ô oo
ơ ow
ư uw
đ dd
  • 同じキーの連打
  • 母音のあとにwを打つ

この2パターンしかありません。簡単です。

声調記号

すべて母音はaを例としますが、どの母音にも同じ方法でつけられます。

声調記号 入力方法 覚え方
à af Falling のf
á as riSing のs
ar 声調記号と形が似ているのでr
ã ax 発音が一番むずかしい謎のx
aj したにぴゅっとなっているのでj

ちなみに、声調記号を表すキーは単語の最後に打っても認識されます。

たとえば、chuyểnと打ちたい時、

  • chuyeern
  • chuyeenr

どちらでも入力できます。

ただし、正しくない場所に声調記号がついてしまう場合があるので、原則は打ちたい文字と同じ順番で入力するほうがよいです。

フォローする

スポンサーリンク