Ch/Tr|発音の区別

日本人には難しいベトナム語の発音。

カタカナにすると、ChもTrも両方、「チャ」行になってしまいます。

日本人が聞くと、「どっちも同じじゃん!」と思ってしまうのですが、そんなことを言っても始まりません。ベトナム人は明確に区別します。

以下、ChとTrの違いについて述べます。

Trの発音

下を丸めて上の歯茎につけた状態で、発声します。

発声後は、息が吐き出される勢いで、舌が定位置に戻っています。

Chの発音

日本語のちゃちゅちょのように発音すればよいのですが、trと区別するため、発声開始時に舌が上に巻かれないよう、注意が必要です。

Trの発音を練習しすぎると、ついつい舌を巻いてしまいがちなので、「巻かない」ことを意識しましょう。

Tr/Chを比較しながら練習

Tr/Ch以外はまったく同じ単語のtranhとchanhの発音を、差を意識しながら練習してみましょう。

  • Tranh
  • Chanh
  • Tre
  • Che

Tranh

Tranhをベトナム人の妻に発声してもらいました

Trの発音をわかりやすくするため、通常よりもはっきり発音してくれました。すると、舌を弾いているのがよくわかります。

Tranhを2歳の息子にも言ってもらいました。
※発声練習の参考にはなりません

Chanh

Chanhをベトナム人の妻に発声してもらいました
Chanhを2歳の息子に発声してもらいました。
※練習の参考にはなりません

Tre

Treをベトナム人の妻に発声してもらいました
2歳の息子にも発声してもらいました。
※参考にはなりません

Che

Cheをベトナム人の妻に発声してもらいました
Cheを2歳の息子に発声してもらいました
※練習の参考にはなりません

さらにホーチミンの情報を探したい方

にほんブログ村 海外生活ブログ ホーチミン情報へ
にほんブログ村