「社会主義はどう?」という質問に対して

「ベトナムは社会主義なんでしょ?どう?」

ハロン湾

最初に結論を書きます。

5年間住み、ベトナム人が妻なのでかなりコアに生活を送っていると思います。

しかし、まったく感想はない。

ベトナム政府への感想や生活環境について、感想を求められたら、回答もできます。

特に、ベトナム人には「社会主義ってどんな感じ?」と質問しないでください。

あなたが日本人だとして、「資本主義ってどうですか?」と聞かれて答えられますか?

かくいう私も、ベトナムに来る前に社会主義と聞いて、「?」になっていたくちです。
なので気持ちがわかるのです。
その分、今はその「?」が特に理由のないすっとんきょうな「?」だったのだと、よくわかります。

国民一人ひとりにとって●●主義は関係ない

資本主義・社会主義・共産主義…。

考えてみると当たり前ですが、そんなものを普段から意識しているのは政治家だけです。

国民にとって重要なのは、主義主張ではなく、政策の中身。

社会主義だからといって不幸にならないし、逆に社会主義ですと言っただけで幸福にもならない。

まったく関係ない。

社会主義国家は独裁体制で言論の自由がないのか?

たしかに、中国共産党を筆頭に、社会主義系は一党独裁が多い印象。

ベトナムも一党独裁です。

…でもまてよ?

日本も自民党によるほぼ一党独裁ですよね?

一党独裁そのものが悪なら、過去の名君と呼ばれている王様たちはみんな悪だ。

ベトナムに来る前、「公安が常に目を光らせて政治批判はまったくできない」と言われましたが…、大嘘でした。

Facebookで政治批判はあるし、ニュース記事メディアも政府批判は行う。

ただ、極端なSNS拡散やデモの弾圧は、武器を持っていない相手すら逮捕するとかいう話も聞き。なかなか厳しいようです。

ちなみにベトナムは与党の批判勢力として成立する野党がいない代わりに、大統領、首相、共産党書記長と、政治のトップが分散しており、リーダーシップを発揮しづらい体制だそうな。

社会主義・共産主義を異質にとらえるのは冷戦の影響

日本は冷戦時、いわゆる「西側」だった。

社会主義や共産主義を標榜する国々は、「西側」にとっては敵ですので、得体の知れない国々だと。

もっと遡れば、国家に対して革命運動を引き起こす恐れのある「共産主義者」は公安の監視対象だった。のは、世界大戦中。

その当時のプロパガンダを、いまでも引きずってしまっているのだと思います。

私も、ベトナムに住むまでは、社会主義は、理由なく得体の知れないものだと思っていました。

外国だから得体の知れない…これはわかります。

本来、社会主義だから…ということではないはず。

また、中国共産党の文化大革命やソ連スターリンの影響により、独裁・虐殺のイメージが色濃いのでしょう。

おそらく、社会主義国家は革命や独立戦争により、政権を勝ち取っている場合が多く、その後の独裁につながりやすい傾向にはあると思います。

しかしそれはおそらく、「社会主義だから」ではないでしょう。

社会主義をかかげる政府・国家同士、政治的に近寄りやすいというのはあるかもしれない。

シェア

フォローする

Sponsored link