ベトナムでのスリ、置き引き、強盗対策

スポンサーリンク

ベトナムではスリが多い?

感覚としては、実際、日本に比べると多いと思います。

知り合いは4回もスマホをすられました。(ただし泥酔時も含む)

ホテルで物がなくなった人も何人かいます。

ベトナムの治安が悪いというより、日本の治安がよすぎるのでしょう。

どう対策すれば良い?

あまり警戒しすぎては、逆に自分が挙動不審者になります。
というか目立って逆に狙われるかもしれません。
しかし慣れると、今度は油断が発生します。

警戒すべきは、

  • バイクすり
  • 泥酔時
  • 人の多いところ
  • 飲食店
  • ホテル

それぞれについて補足していきますが、「こうすれば絶対安全」ということはありえませんので、自己責任での安全意識を持つよう、お願いします。

ベトナムでのバイクすり対策

バイクすりは、貴重品を奪われるだけではなく、バイクにそのまま引きづられ大怪我をする可能性もあります。

まずはバイクすりに狙われないことが大事です。

  • なるべく道路から離れて歩く
  • カバンなど貴重品の入った荷物(入っていそうな荷物)を道路側にぶらさげない
  • スマホを操作しながら歩かない。操作が必要なら道路から離れて、立ち止まって操作する。Googleマップを見ながら歩きたいなら、チラ見程度にして、道路と反対側の手でスマホを握る
  • 長期滞在する場合、同じ道ばかり歩かない。特に夜間

ベトナムでの泥酔時の対策

というか、
泥酔するまで飲まないでください。

ベトナムの人の多いところの対策

基本を守りましょう。

  • 安易に人混みに入らない
  • 人の多いところで、スマホ片手にぶらぶらしない。注意散漫に見えるとスリがよってくる
  • ポケットやカバンの抜き取りやすい場所に貴重品をおかない

ポケットからものを取られたら気づくだろうと思うかもしれませんが、例えば、一人が話しかけて注意を引いた所をぶつかったふりして、すっていく、というチームプレイもあります。そのように他のことに注意が向いている時、普段なら気づくことでも意外と気づきません

ベトナムの飲食店での対策

宝くじ売りのおじさんが自由に出入りするようなオープンな食堂では、スマホをテーブルのうえに置くと、ちょっと目を話した間に持っていかれるかもしれません。

※宝くじのおじさんが盗むという意味ではなく、自由に出入りできる場所という意味なので、むやみに疑いの目を向けないでくださいね。

ちゃんとしたレストランなら、割と安心感がありますが、それでも油断しすぎないように。トイレで席をたつときなどは、スマホを持っていきましょう。

ベトナムでのホテル置き引き対策

掃除の人が盗んだのか、部外者かはわかりませんが、ホテルの部屋に置きっぱなしにして盗まれたケースを幾度か知っています。

お金をテーブルの上に出しっぱなしにしておいたら、悪気はなくチップと思って、掃除の人が持っていってしまうかもしれません。

  • 盗まれたらとても困るものは、外出時には金庫にいれるか持ち歩く。電気シェーバーやミニドライヤーなどの電化製品も危険です
  • 金庫がなければ、持ち歩くか、せめて鍵のかかる場所に入れる
  • それもなければ、持ち歩く。無理なら盗まれても諦めるしかない。それが嫌ならホテル代をケチるのはやめましょう

フロントに預けるのも、大きいホテルでなければ、慎重に考える方が良いでしょう。

財布を預けるのは論外です。

ベトナムではないですが、カンボジアで財布の中身が減ってしまった人を知っています。

九割以上の人は信用できると思います。…安全・厳重に管理しているかはともかく、少なくとも自ら中身を抜き取ったりはしない。でも1%であっても、たまたま預けた相手がその1%であれば…。

不要に挑戦すべきではないでしょう。

補足:パスポートを預けるのは必須なのでご心配なく

ベトナムでは外国人は宿泊する場所を警察に届けねばなりません。

ホテルの場合、それをホテルが代行してくれており、その処理にパスポートが必要です。

心配ならコピーを持ち歩き、コピーを渡すのでもいいかもしれませんが…。そこは詳しくないので、もしかしたら原本も必要なのかもしれません。地域差もありえます。

他にも生活や旅行の参考になりそうなさまざまなトピックを記載しています。

フォローする

スポンサーリンク