1ヶ月半で5kg減った|炭水化物抜きダイエット

2019年7月5日生活

1ヶ月半で5kg減った

体質・生活習慣によって、効果の有無は異なると思いますので、前提を記載しておきます。

  • 性別 男性
  • 身長 169cm
  • 体重MAX時: 満腹時・全裸で70kg
  • 体重減少後: 衣服ありで65kg
  • 運動らしい運動の機会は少ない。
  • ただし、15kgの息子を抱く機会は頻繁にある。
  • 年中暑い地域に住んでいる (ベトナムホーチミン)

ベトナムに来る前は62-63kgでしたが、結婚後、徐々に徐々に体重が増え、満腹時には70kgまで増えるようになりました。

それが、炭水化物抜きを始めてからは徐々に体重が減り始めました。

のみならず…

胃腸の調子がとても良い!

以前はあまり好きではなかったものは、おいしく、
以前から好きだったものは、より美味しく感じるようになりました。

夜だけ炭水化物を抜く

実は、私が炭水化物抜きを始めたのは、ダイエットがメインの理由ではなく、胃腸を休めたいからでした。

夜は寝るだけなのに、胃腸を疲れさせてまで米を食べる必要ってある?

そう思って、ほぼただの思いつきで炭水化物抜きを始めたのです。

そして、ただ炭水化物を抜けばいいということではなく、下記のことを気をつけました。

  • 朝・昼は炭水化物を取るが、ご飯一杯分だけ。
  • 芋も炭水化物です。
  • 炭水化物以外のものは腹いっぱい食べる!
  • 脂質はあまり気にしすぎない。肉や魚から自然に出てくる油は気にしない
  • 果物OK!
  • 砂糖さえも、極端な量でなければ、かつ日が出ている時間帯なら許容!

ミソは…

甘い物を制限しすぎない。

糖質すべてを完全に断ったら、精神も体力も持ちません。

これにより、夜や早朝には胃腸が休めている感じの心地よい空腹感はあるのものの、飢餓感や食事を我慢しているストレスがありません。

また、腹いっぱい食べるといっても、許容量を超えては食べません。

満腹だと思ったら、もったいない気持ちを抑え、食事を残します。

夜の炭水化物抜き以外に気をつけたこと

朝食はちゃんととる

先ほどのリストにも、「朝・昼は炭水化物を取るが、ご飯一杯分だけ」と書きました。

逆に言えば、朝と昼はちゃんと食すということです。

夜に炭水化物を抜いて、朝も食べなかったら、さすがに脳みそが動かなくなります。

なお、朝食抜きの方も多数いらっしゃると思いますが、朝抜くとその分、就寝前である夜にたくさん食べることになり、ダイエットや胃腸の休憩の効果はなさそうです。実際、私は日本に住んでいるとき、朝食をとっていませんでしたが、夜にラーメンや牛丼のようなカロリーの高いものばかりを食べ、体重は増えましたし、胃腸の調子が常に悪かったです。

食後は横にならない

「食べたあとすぐ横になったら…」というのはよく言われることですね。

食後、いわゆる「はらごなし」のため、軽く動き回ります。

目的がないと動けない人は、家事をする、でもいいです。

激しい運動である必要はない。

しかし、会社だと、家事はできませんし、むやみに歩き回っていたら、変な人になるかもしれません。なので、せめて、座る。

よく噛む

噛むことは大事ですね…。

私は、以前は、飲み込むようにものを食べていました。食べ物を飲み物のように吸い込んでいた。

だから、よく噛むことの効果は、実感でよくわかります。

以前の私のように、食事を飲み込んでしまう人は、まずは試してみるといいと思います。

何回噛めばいい…とかはありません。

かんでいるうちに適切な大きさ・柔らかさになれば、自然に飲み込んでしまうようになります。

食後のコーヒーまたは緑茶

緑茶やコーヒーも体重が増えるのを防ぐ効果があるらしいですね。

私も、食後のコーヒーまたは緑茶を続けています。

ただし、カフェイン等のとりすぎは逆に体に毒ですので、健康にいいという情報のみを鵜呑みにしてがぶ飲みしないよう、気をつけましょう。

夜も飲まないように。

カフェインレスコーヒーにダイエット効果があるかどうかは不明。

梅肉エキス

胃腸の調子が良いのは、この梅肉エキスの効果もあるかもしれません。

一日一回、朝昼晩定めず、満腹時にひとなめしています。

梅に含まれるクエン酸には、胃腸の動きを促す効果がありますからね。脂肪燃焼効果もあるそうで、殺菌作用もあるので悪い菌を殺してくれているかもしれません。