ベトナム語の-cの発音

2019年10月27日ベトナム語

ベトナム語の終わりにくる-cの音は2パターンあります。

多くの場合、普通に-cの発音でよいのですが、cの前がO・Ô・Uの場合には、-cの発音で最後に口を閉じます。

-cの発音

ところで、-cの発音は日本語のクではありませんので、「ク」とは発音しないように気をつけましょう。

例えばHọcをホックと発音すると、音節が分かれるので文字で表すならHọ Kuのように聞こえてしまいます。

-cはクではありません。クの発音で母音のウまでは発声しないようにします。具体的に言うと、クは息を吐き出しますが、-cは息を止めます。

音も出ませんが、その音の止め方で、ベトナム人は聞き分けるようです。