ベトナム人の日本語能力と日本語能力試験(N5-N1)

N2で通常の仕事は十分

最低限仕事になるなと思うのがN2。

あくまで、弊社の場合、ですのであしからず。

弊社の場合、

  • 入社後にITの専門用語の習得が必要
  • Skypeでの会話が発生
  • お客さんとの会話は必須ではない

N3 以下は弊社にとっては予備軍でしかなく、早期に日本語をメインとして仕事ができるようになるのは少々難しいです。
なので、N3の場合、日本語が伸びるかどうかのポテンシャルを見てあげる必要があります。

無論、人材紹介会社さんのいうように、N3でもN2に近い人は、たしかにいます。
ただし確率の話で、N3で本当にN2相当の人は少ないです。

なお、弊社の場合は、日本とチャットワークというチャットツールを使ってやりとりしていますので、日本語の利用は読み書きがメインであり、口での会話が不得手でも日本語をいかせます。

N1 はどの程度のレベルか

テキストを見せてもらいましたが、けっこうハイレベルです。
経済誌や文学誌に出てくるような難しい表現が理解できそうです。

国際交流基金と日本国際教育支援協会が運営する 日本語能力試験(JLPT) ・公式 サイトです。 日本語能力試験(JLPT) は、日本国内および海外において、日本語を母語としない 人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験です。

N1 の勉強用テキストを何度かみせてもらいましたが、「なるほど、日本語の単語説明は、外国人にはこう説明すればいいのか」とかなり優れたものでした。

といっても、知識だけで実践がなければ自然な日本語を使えないのは当然のこと。

日本人が数年かけて勉強しても英語が使いものにならないのと同じです。

しかし基礎知識は成長効率を助けます。
勉強した事実=努力と知識は重要です。
結論としては、日本語能力試験は大いに参考にすべきだと思います。

なお、ベトナム人である私の奥さんはN1 ではなく、N2ですが日常生活にまったく支障がありません。

初めて挨拶したとき、「外国人の話す日本語」に慣れていない私の両親も「こんなに話せるんだ」と驚いていました。

仕事上でも、会話力でいえば、私が今まで会ったことのあるベトナム人の中で妻は、N1 話者を含めても一番じゃないでしょうか。

フォローする

スポンサーリンク