ニャチャンの泥風呂

ニャチャンに旅行してきました。
ニャチャンは海ばかりではありません。

泥温泉があります。

泥温泉とは。

日本語だと泥温泉、泥湯、泥風呂、いろいろな言い方があるみたいです。

その名の通り泥の入ったお風呂です。

通常の温泉と同様、美容や病気療養に効果があるようです。
また通常の温泉と比べて、泥ですので、パックみたいになって、保湿効果も長時間続くらしい。

英語名はHot Mineral Spring

ですが、私は専門家なのでよくわからない。

ちなみに泥湯温泉という固有名称の温泉地域もあるようなのですが、そこは色が泥みたいなだけで泥が入っているわけではありません。

しかし、検索した感じでは日本でもいくつか泥風呂にあたるものはあるようです。

ニャチャンはベトナムで唯一か有数かはわからないのですが、有名な泥風呂エリアです。

その中でもつい数年前にできたという、地元の人に勧められ、「i resort」に妻と二人で行ってきました。

i resort のWeb サイト

タクシーで市街地から15分くらいかかりました。

けっこう山奥のリゾート。

よくあるリゾートホテルを兼ねていると思ったのですが、宿泊はできないらしい。

敷地はかなりの広さで、VIP コースを選ぶと車での移動が必要なくらいです。
リゾートホテルそのままのイメージです。

ニャチャンの泥温泉3

i resort 通り道

ニャチャンの泥温泉2

i resort 温水プール。泥風呂以外にも温水プールが多数あります。こちらも泥っぽくはないのですが、ミネラルを多く含むらしい。

ニャチャンの泥風呂1

i resort

すみません、肝心の泥風呂の写真がないです。

というのも、風呂にカメラは持ち込めないですし、他人が風呂に入っているところを写真に写すのも、どうにも気後れしてしまうので…写せませんでした。

感想を先に書くと、山の中の温泉ちっくな環境。
特に普段シャワーだけの生活だとバスタブが恋しいですので、木々に囲まれたいつもと違う空間とあいまって、非常にリフレッシュできます。

水着は無料で借りることができます。
接客はベトナムのリゾートとしては、かなり行き届いている方だと感じました。
妻がいうには、ちょっと高級なところでも外国人にはニコニコするのに(たぶんただの愛想笑いだと思いますが…)ベトナム人には不愛想、というケースも多いとのこと。今回はそれがなかったそうです。

料金は共用プール、泥風呂を回るだけなら、一人300.000 VND くらい。
専用のお風呂に夫婦、家族、友人だけで入りたいならVIP コースで一人600.000 VND。
VIP コースはミネラル風呂、泥風呂、フットマッサージと軽食がつきます。
なお、専用のお風呂といっても、となりに別のバスタブがおいてあるので、視界に他人が入らない、という意味ではありません。

小屋を丸ごと借りると3.000.000 VND くらいで、さすがに…な値段でトライしませんでしたが、これは空間的にも専用風呂になるっぽいのですが…自分たちで体験したわけではないので定かではありません。

なお、当然ながら上記は自分たちが行った時点での情報で、料金、サービスはi resort 側の都合で変更になる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

一言でいうと、もう一度行きたい、と思えるサービスでした。
高いけど、高いなりの価値は感じました。

ニャチャンはまだ雨季でお客さんが少なかったです。
それでも必ず視界にお客さんが入る程度にはいて、ベトナム人も多いし、たぶんロシア人ですが、欧米系の人も多かったです。中国人もいたような気がします。

ちなみにニャチャンの観光パンフレットなどには書いてあるかもしれませんが、ニャチャンはロシアと提携しており、直行便が出るそうです。
ロシア人の来訪が多く、街中にロシア文字の看板を多く見かけます。

シェア

フォローする