ベトナムの食事マナー

スポンサーリンク

ベトナムで気をつけるべき食事マナー

結論は、特にありません。

必要以上に音を立てないように気をつける必要はありません。
食器を直接持って、スープをすすってもかまいません。

…がしかし、屋台ではきれいな水で洗っていないので、直接すすると汚いため、ベトナム人はあまり食器に直接口をつけません。

気をつけなくていいこと

ベトナム在住の日本人でも、ベトナムでは麺をすするときに音を立ててはいけないとか、食器から直接すすってはいけないなどと言う人がいるのですが、実際には気にする必要はありません。

  • 麺をすする音
  • 食事中に立てる音
  • 食器から直接スープを飲む
  • 食べる順番

などなど、気にする項目はありません。

他人に具体的な迷惑にさえかけなければ、自由に食べてください。

高級レストランでは、麺を立てる音には気をつけた方がいいかもしれません。
が、それは日本国内で、フランス料理食べるから音を立てない方がいいかな、と気になるのと、同じ程度の小さな問題です。

ただ、日本で食べるときのように、「ズババッ」と大きい音を立てると、静かなレストランではびっくりされるかもしれません。失礼ということではなく。
ふうふう冷ましてから、普通に食べて出る音程度なら問題ありません。

日本人が理解すべきこと

ベトナムでは食事中、咀嚼している間、口を閉じません。

日本で口を開けたまま食事をすると、非常に失礼ですが、これは外国人から見た「ヌーハラ」と同じたぐいのものです。

明確に意識しているベトナム人は少ないかもしれませんが、相手に咀嚼音を聞かせることで、「おいしく食べているよ」というアピールになるようです。

日本人がラーメンをすする音と同じことです。日本人も他人に聞かせるために意識しているわけではありませんが、決して不快音ではありません。

ベトナム人…むしろ外国人との付き合い方の前提 ベトナム人の食文化 他人や本、ネット上で聞いたことがある特徴について ...

ただし、日本で麺類を無音で食べても「失礼」ではないのと同じで、日本人が口を閉じて食べていても、ベトナム人は気にしません。

ただ、口に食べ物があるからと、話しかけられても黙っていると、「無口な人だな」と思われてしまいます。

なので事前に、一緒に食事する相手に、自分は飲み込むまで口を開かないことを伝えておく方がよいかもしれません。

フォローする

スポンサーリンク