ベトナム人から日本人はどう思われているか。親日の名の元の傲慢。

妻が日本語を話せるベトナム人ですので、「日系企業で働くベトナム人」の知人が多いのです。
なので、八割以上妻を通してなので情報源として偏っていますが、直接日本人と接するベトナム人が日本人をどう思うかの参考情報が耳に入ってくるわけです。いろいろ話を聞いて思ったのは…。
すんごい当たり前のことを書きます。

– ベトナムを下に見ていてそれが態度や言動に出る人(一方的な説教)
– セクハラする人
– 自分個人の利益のために不正する人
– プライベートのサポートを「指示」しまくる人(お願いではなく指示)
– 浮気(現地妻)を隠そうともしない人

などなど。

そういう人々は、もちろん一般良識あるベトナム人からは尊敬されません。

すこしずれますが、妻からにかぎらず、例えば日本に工場研修いった人からよく聞くのは、「日本人はロボットみたい」という否定的な感想。
これは悲しいですね。
時間通り働いて、社員同士でコミュニケーションもとらずに、そのまま帰って家に帰って寝るだけ。
それは会社にもよるし、外国人の多く働く工場ならば特にそうでしょう。
ベトナム人当人もコミュニケーションの努力をしなかったかもしれない。
ただ、結果だけみたときには、一般の人にまではさすがに求めませんが、招待した会社はただの労働力として雇っているだけかもしれない、だがしかし、ベトナムに住んでいる側としては、「日本人がどう思われるか」は意識してほしいよな、と思うのです。

日本から帰ってきた人は、親戚友人に日本はどうだったか、という話をする。
そして実際に日本に行った人の話は説得力があるので、そうなんだ、と事実のように広まっていく。
その一つ一つの積み重ねが海外からみた日本を作っていく。

日本人であり当事者と関係のない私の耳にすら、一部の「日本人」の悪評が入ってくるのです。
もちろん「怒りっぽい」「相性があわない」のレベルの話を取り立てて盛り上げようというのではないですよ。
さすがに一方通行の話を100%鵜呑みにはしないですけど、単純に結果だけ見た時に、ベトナム人同士でのうわさ話はどれほどのものになっているか。
想像するに、恐ろしいですね。

一般良識あるベトナム人は日本人の前で日本人を悪く言いません。
それは逆の立場で考えれば、当たり前です。
そして「日本は先進国である」と、日本という国に対して一定の敬意を払ってくれているのも多くの場合、事実であると思う。

それが結果的に、「日本人が”特に”好かれている」と勘違いする人もいますし、コンサル会社がベトナムへの進出を後押しするために、ことさら「親日」を強調したりする。

親日だろうが反日だろうが、信頼できないことをするような人は、信頼できない。
それが当たり前。

日本人は真面目で誠実、仕事熱心だと(息苦しいの裏返しの場合もありますが)、褒めてくれるベトナム人もたくさんいます。
しかし一部の日本人のせいで、日本人全体の印象が悪くなる。

逆の立場で考えると、外国人と働いたとき、頭では「全部がこうではない」とわかっていても、どうしても印象は、自分の知っている人の印象に引きづられてしまいます。

ベトナムに住む多くの良識ある日本人には言わずもがななのですが、日本人は好かれている、日本人は先進国として尊敬されている、と思い込むのは傲慢というものです。

無意識の中に傲慢があると、日本ではやらないような相手を軽視するような態度をとってしまったり(俗にいう、羽目をはずしすぎる)、仕事でも相手の意見を軽視するから「日本人て相手の話を聞かないよね」と思われることになる。

まあ、ベトナムで相手の話を聞かない人は、日本国内でもそう思われているでしょうが。

もちろん、そんなこという私自身がベトナム人に好かれて完璧だ、などと思っているのではないです。
人それぞれの考え方主義主張はあるので、全員に好かれるのは無理だ。
まったく汚点のない、清廉潔白でいろというのでもない。
また、中には日本人側には悪意のない「誤解」も多くあることと思います。
そして、日本人同士もあるように、ベトナム人との相性もある。

思うのはただ一つ、「日本でできないことを、ベトナムでもすべきではない」ということです。

ベトナム人に不正を指示してばれないと思いこむその感じ方が、傲慢からくるものだと思えるのです。
(もちろん、ばれなければ不正してもいいという意味ではない)

フォローする

スポンサーリンク