ベトナム旅行・出張・居住におすすめの医療保険

スポンサーリンク

なぜベトナムに居住するために医療保険が必要か

  • 日本人は外国人向け病院に行かざるを得ない
  • 外国人向け病院は診察するだけでも総じて高額である
  • 通常の国内向け健康保険では、実際に払った金額ではなく日本国内の相場にあわせて支給される

ベトナム居住時に医療保険が必要な理由は上記のとおりです。

日本人は外国人向け病院に行かざるを得ない

普通にベトナムの病院で診察を受ければ、手術とかにならなければ、医療保険がなくても、たいした金額ではありません。500円とか1,000円とか。薬もジェネリック医薬品が一般的なのでしょうか、非常に安い。

しかし私は妻がベトナム人なので、何度か一緒に行ってもらってよくよくわかりましたが、ベトナム人向けの通常の病院に外国人である日本人が1人でいくのは至難です。

もちろん、まずは言葉の問題があります。

また、日本の一般的な総合病院をイメージしてはいけません。

案内標識は親切ではない場合が多く、エアコンがついているのは医師のいる診察室や事務員のいる事務所だけ。

警備員さんや事務の人に聞いてもおおざっぱな説明や「たぶん」で適当な説明をされて、なかなか目的地にたどり着かない場合がある。

診療科の前になになに科です、という看板があるわけではない。

カルテを誰に渡せば良いのか、どこで待っていればいいのかもわからない。

病院によっては多少しっかりしているところもありますが、日本の一般的な総合病院を標準で考えてはならないです。

ベトナムの病院に軽い風邪か何か、日常的な病気で診察を受けて薬を処方してもらうだけなら、医療保険は必要ないですが、それは1人で行けるか、プライベートの時間を削って(または会社を休んでまで)病院につきそってくれるような、そして親身に自分の身体を心配して、医師に真剣に症状を訴え、根掘り葉掘り聞いてくれるベトナム人がいればです。

それは通常は無理なことでしょう。

外国人向け病院は診察するだけでも総じて高額である

TPP加入についての影響でも一部取り沙汰されているとおり、海外の多くでは、日本のようにある程度「良心価格」で医療費が取り決められているわけではなく、ベトナムでも価格設定は病院次第で、特に外国人向け病院は保険がおりることを前提として非常に高額な診療費をとられる場合も多いです。

ちょっと風邪の診察してもらうだけで数千円から1万円以上とられる場合もあります。

とある病院では、私は1、2時間点滴を打っただけで「入院」扱いにされて10万円とられたこともあります。

通常の国内向け健康保険では、実際に払った金額ではなく日本国内の相場にあわせて支給される

実は国民健康保険や多くの任意保険では、海外での医療費も保障の対象です。

しかし、多くの場合、国内の相場の3割までです。

大きな手術を設備のしっかりした病院で1千万円かかるとしたら、まず国内の相場にあわせ、その内の3割ですので、仮に国内では300万円としたら、210万円しか保険はおりず、残りの790万円は自己負担となってしまいます。

海外の医療費実例。

ベトナムの長期滞在者向け医療保険

リバティ保険

ベトナムニュースを日本語で配信されているベトナム大手サイト「ベトジョー」が代理店をつとめる保険です。

もともとアメリカの保険会社で、「ベトジョー」が代理店を務めており、加入はもちろん、申請時の窓口も日本人と日本語で行うことができます。

保険は書類がこまごまとしているので、これは日本人には心強いです。

  • 年間更新
  • 外来保証はオプション
  • 傷害保険はオプション
ベトナムでの怪我・病気にはリバティ保険で安心。日系病院もキャッシュレスでしっかり補償!お申し込みはリバティ保険正規代理店のベトジョーまで。

上位のプラン(Health Care)では特定の病院で保険加入者カードさえ持参すれば、事後精算ではなくキャッシュレスで診察を受けられます。また、海外での医療費も対象内です。

キャッシュレスサービスが受けられる提携病院は、ホーチミンではFVホスピタルやコロンビアアジアなどです。

ちなみに提携病院一覧というのがあるので逆に誤解を受けそうなのですが、提携病院以外でも保証対象です

下位プランは「Medi Care」国内のみ、また、キャッシュレスサービスがありませんが、Health Care に比べ、かなりの割安です。

ただ、割安な分、当然ながら年間の保障上限額がHealth Careに比べ、低いです。

もちろん年齢によって年間に支払う費用は異なりますが、20代-30代ならMedi Careで500ドル前後、Health Careなら1,000ドル前後です。(必須の基本契約だけだとそれぞれ半額程度ですが、それだと「入院」しか保証されないため「外来特約」は実質必須)

ちなみに日本商工会議所さんの「JBAHカード」があれば、10%割引になります。

90日以内の短期出張者向け海外旅行保険

90日以内の場合は、短期出張者向けの海外旅行保険の方が得である場合が多いです。

普通、1日単位の日割りで料金がかかります。

また、海外旅行(出張)の保障がパッケージになっているので医療保険・死亡保険の他、賠償責任への保険、携行物、飛行機の遅延への保険などがセットになっていることも多いです。

損保ジャパン日本興亜

海外出張保険個人向け

海外出張保険法人向けパッケージ

インターネットで即時契約できるのが便利。

キャッシュレスサービスもあります。
ホーチミンでいえば、7区の大病院FVホスピタルもキャッシュレスの提携を結んでいる病院です。

医療アシスタンスサービスもあり、慣れない国での病院診察は不安なもの。
24時間日本語対応での病院予約や通訳の手配も行なってくれます。

フォローする

スポンサーリンク