ベトナム人の食生活

ベトナム人の食生活…と一口にいっても自分の周りや妻のことしかわかりませんので、一例としてです。

概要

たぶんみなさん気になるのはどのような「日本食」を好むか、日本食は受けいられるのか。個人単位で言えばどのようなものが受け入れられるか。

すごい当たり前なんですが、人によって違う。

おみやげについては、自分が食べておいしいと思えば、ベトナム人もおいしいと感じると思います。ただし、好みは人それぞれなので、100%のヒットは諦める方がよい。100%は無理だと悟れば、ベトナム人へのお土産選びはさほど悩みません。自分がもらって嬉しいものをあげればいい。

また、日本人が不慣れな外国料理を食べると違和感がある(というか、まずいと感じる)のと同じで、食べたことのないものを初めて食べての「おいしい!」のクリーンヒットはあまり期待しない方がいい。せいぜい当てただけの「まあ、いけるんじゃない?」程度。

人の味覚は食べるものによって徐々に変わっていくので、日本食に興味のないベトナム人に日本食に慣れてもらいたければ、ベトナムによくある味に近づけてから、徐々に日本ぽい味に慣れさせていくのがよいと思います。
お肉系はやっぱり万国共通、うまい肉はベトナム人が食べてもうまいみたいです。

ちなみに逆に何がだめか。
特に思いつきません。納豆も、ベトナムにも豆腐を腐らせて食べる文化(豆腐よう?)はあるので、いきなり説明なしでじっくり練り上げた納豆を差し出したら「なんじゃこりゃ」とサプライズできるかもしれませんが、説明すればいけるんじゃないでしょうか。おいしいと感じるかどうかは別として。

わさび…。都市部では日本食(SUSHI)が流行っているので、若い都市部の人には抵抗がなさそうです。ただしたいがい、安い回転寿司チェーンにあるような、チープなわさびです。

私のベトナム人の妻は、日本食の典型の一つ「砂糖醤油」ベースの甘い味付けは、食べられるが、あまり好きではないみたいです。食事といえば辛いもの、に慣れているからだと思います。あと、甘い卵焼きもダメらしい。たしかに、例えばたこ焼きに砂糖がたっぷり入っていたら気持ち悪いですしね。実際には、砂糖が入っていたら、クレープと思って食べれば大差ないはずですが。

一般的に、朝昼晩の三食をきっちり取る人は多い感じがします。
ホーチミンは砂糖が入っているものが多く、甘いものが多いという印象です。外食するとニュックマムが甘いこともある。その半面、チリソースが一般的。甘いモノが多いが、辛い味付けも多い。ニュックマムは日本でいえばしょう油にあたる。砂糖も入れるし辛くもする、塩コショウとあえることもある。お肉のタレみたいに使ったり、そのままかけたり、スープに入れたり、煮物に使ったり、炒めものにいれたり…。
しかし果物は、日本のようにジュクジュクに熟すのを待つのではなく、すっぱいうちに食べることが多いと思います。
奥さんの実家は中部(フエ)出身で、基本的に味付けが辛いです。

朝ごはん

続く

フォローする

スポンサーリンク