コミュニケーションマナー・ビジネスマナー|ベトナム人と日本人の国民性の違いとは?

ベトナム人とのコミュニケーションマナー

一般的な異文化コミュニケーションマナー

ベトナムのコミュニケーションマナー

私が感じているのは、

  • 関係性づくりには、最初のうちは、おおいに「外国人」である立場を利用すべき
  • しかし同時に、「自分が日本人であること」は事実認識として以外は忘れる

日本人同士でもそうではないでしょうか?外国人の友だちがいることは、ある種のステータスになります。目の前に外国人がいれば、純粋な興味もわきます。

なので、最初のうちは「外国人」というステータスを利用すると良いと思います。

しかし、日本特有の遠回し表現は避けるべきです。

「興味あるから行きたいんだけどね…」

日本人同士だと断りたいニュアンスを感じ取るが、異文化コミュニケーションだと文字通りに受け取るしかないため、前向きな回答と感じられてしまう危惧があります。

日本的な思いやりは、異文化コミュニケーションでは弊害となってしまいがちだと思います。

食事マナー

特にありません。

しいてあげると、お客さんを料理でもてなすとき、食べきれない量で「お腹いっぱい」食べてね。
日本人は残したら悪いと思って、ばくばく食べるのですが、おーおーそんなにお腹がすいているんだ、もっとあるよと、どんどん勧められてしまいます。
勧められると断れない日本人。さらに満腹の無限地獄です。
いつも以上に、ゆっくり味わいながら食べましょう。

  • 音を立てるのは極端でなければ問題ない
  • 食器に口をつけてスープを飲むのもかまわない

なお、ベトナム人は通常口を開けたままかむので、日本人には咀嚼音が気になるでしょう。

ネット上で見つけた情報では、中国人はくちゃくちゃ音を鳴らすのが、おいしく食べている印象を与えるとか。ベトナム人もそうなのかもしれません。日本人にとっての、麺をすする音と同じことですね。

私は、ベトナム人がやっているのは、これは一般的なご当地習慣なので気になりません。が、逆に私自身も、現地の風習にあわせません。口を閉じて食べます。
それそのものは問題はありませんが、そのせいでご飯が口の中にあるときに話しかけられると、無視しているみたいになって焦ります。

次はベトナム人のビジネスマナー

フォローする

スポンサーリンク